まぜこぜライフ(旧まぜこぜの家)

アラフィフで気分変調症の汚部屋住人の下層主婦のブログ

A型事業所の利用開始

A型事業所利用開始

 

サービス等利用計画を相談支援員に市役所に提出してもらい、

採用が決定したら雇用契約を結びます。

受給者証が発行されたら利用開始です。

サービスを利用するのですから、所得によって利用者負担があります。

※私の事業所では、利用料は事業所が負担してくれてます。

サービス管理責任者と相談支援員とのモニタリングが月に1回ありましたが、

今は順調に利用できているので、モニタリングの間隔も開くことになりました。

 

私の就労先

施設内では工場作業をしていますが、

私の場合は事務の経験があり、パソコンが使えたため、

施設外就労で、関連会社の子会社の事務に配属されました。

服務規程でスーツ着用なのですが、太ってしまっていて合うスーツがなくて、

急遽ユニ○ロやニッ○ンで事務服を購入。痛い出費となりました。

利用時間が4時間という以外、一般の会社とほとんど変わりありません。

月日数-3日が利用日数なので、土曜日出勤もあります。

 

f:id:mazekozenoie:20191005214217p:plain

仕事内容

一般事務です。私はパソコンを使った業務をしています。

利用者の中にリーダー職がいて、その人が仕事を教えてくれます。

もちろん子会社の職員の中にも職業指導員がいて、

いろいろなサポートをしてもらってます。

パソコンを使えない人はチラシを折ったり(結構重要)、

荷物に同封する書類を準備をしています。

空いた時間には、パソコンの文字入力の練習をしてます。

レベルアップできれば、パソコンを使用した仕事に移っていくようです。

 

精神・知的・身体の方が一緒に働いているので、

仕事も人間関係も結構疲れます。

が、何か問題が起きればすぐに職業指導員やサービス管理者がフォローしてくれます。

 

雇用関係を結んでいるので一般により近い

というか、私の仕事内容は一般の事務と差はありません。

勤怠も厳しく、通院と体調不良以外は休めません。

体調不良でも、少しの時間でもいいから出勤するよう言われます。

(これは国からの補助金との関連性で、事業所都合も大いにあります。)

体調不良なので事業所を休みたいと電話連絡しても、

なぜこれないか問い詰められると精神の方は、

精神が落ちたり病んでしまったりして、長期欠勤になる原因になってます。

 

法律が変わっても、身体や知的の人で体力的に問題がなく、

休まず事業所にこれる人が重宝されます。

 

f:id:mazekozenoie:20190923202010j:plain

見学者の多さにびっくり

利用し始めてから週に2~3人は見学に来てます。

他の事業所も見学に行ってるようなので、(私はここだけでしたが)見学から体験。

それから利用に結び付く人はどのくらいの人数かは不明です。

特別支援学校からは、実習生がきて職場体験をしてます。

期間は1週間位かな?

支援学校を卒業して利用者になる人もいます。

 

 私のA型事業所利用までを書いてみましたが、何かお役にたてたら幸いです。

 

 

ランキングに参加してます。応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ