まぜこぜライフ(旧まぜこぜの家)

アラフィフで気分変調症の汚部屋住人の下層主婦のブログ

古い人形を自分なりの方法で処分しました。

実家同居をきっかけに、母の古い人形を処分しますることにしました✨

私達のタンスを置くスペースを確保するため、母の和ダンスを処分することにしたので、母の人形コレクションをケースから出しました。

20161022-160947

母の嫁入り道具のタンス、このころは人形ケースが作り付けのものが流行ってたのかな?
ちなみに義母の嫁入りタンスもこのタイプです。

出てきた人形たち

年代物の人形達なにこれ スゴすぎ😲

20161022-161039
20161022-161028
20161022-161014

これいいじゃん素敵という信じられない母の一言。

20161022-160921

この人形にトキメクの?
その他モロモロ、熊の木彫りのお土産がないのが不思議😏
と思っていたら、庭においてある物置の中に奴(熊)はいました😅

そして、ラスボスおフランス人形は恐くて撮影できませんでした。
フランス人形も、私の子供のころに流行ってたんですよねぇ😓
その頃から怖かったなぁ😅
夜は人形の前を通らないようにしてたり…

全部捨てたい気持ちをぐっと押さえて、いるいらないは母に決めてもらいます。
(後日内緒で全捨てしちゃいました👍ごめんよ母。)

 

人形の処分の仕方

この人形たちは、お寺や最近では葬儀会社が行っている人形供養ではなく、自分なりの処理方法で処分しました。
人形って捨てにくいですよねタタラレソウデ
そこで、人形達は塩でお清めしてから、燃えるゴミに出せる物は、半紙でくるんで見えなくなるようにして捨てました。
燃えないものは、やはり塩でお清めしてから、地域のゴミ捨てルールに則って処分しました。
うーん、それでもなんかモヤモヤした気分になるんだよねぇ。